歯並びが悪いと体はどうなる?歯並びを改善しよう

>

身体に悪影響を与えてしまう

歯が磨きにくくなる

口内に汚れが溜まっていると、虫歯や歯周病を発症してしまいます。
虫歯や歯周病にならないように歯ブラシで歯を磨きますが、歯並びが悪いと歯ブラシを口内でうまく動かせません。
ブラッシングしても、どうしても汚れが残りやすくなります。
つまり、病気を発症しやすくなってしまいます。
普段から歯並びが悪いという自覚がある人は、小刻みに歯ブラシを動かして、丁寧に磨くように心がけましょう。

特に歯と歯の間、歯と歯茎の間は汚れが溜まりやすく、落としにくい部分です。
時間を掛けて、丁寧に磨きましょう。
また、歯並びが気になる人は矯正しても良いと思います。
歯医者に行くと矯正できるので、気軽に相談してください。
矯正すれば、これまでの悩みを解決できます。

唾液の分泌量が減る

食べ物を噛み砕くのが困難になることも、歯並びが悪いことのデメリットです。
噛み合わせが悪いとよく噛まないまま、食べ物を飲み込んでしまうでしょう。
それでは消化する際に内臓器官に負担を与えますし、噛む回数が減るので唾液も思うように分泌できません。
人間は噛んで唾液を出して、口内を殺菌しています。
唾液が減ると殺菌できず、バイ菌が繁殖し、虫歯や歯周病になりやすくなります。

口内環境が乱れる原因にもつながり、口臭がひどくなることも忘れてはいけません。
自分では気づきにくいですが、他人は敏感です。
あまりにも口臭がひどいと、周囲とのコミュニケーションが取れなくなってしまいます。
人間関係にも悪影響を与えるので、食事の際はたくさん噛むことを意識してください。


この記事をシェアする

トップへもどる